ジブラルタ生命の保険営業の実態

平均年収:450万円

日本法人総資産額1位

業界唯一の豪ドルの終身保険、養老保険があります。

保険金即日支払サービス、3日以内に500万まで死亡保険金を現金で受け取れます。

保険会社の体力を表すソルベンシーマージン比率は945%

元協栄生命、千代田生命、AIGスター生命、AIGエジソン生命を吸収しています。

格付けAA-(S&P社)

日本法人総資産額10兆3170億円

米本国(プルデンシャルグループ)総資産額1兆1070億ドル

解約失効率8.6%

商品
ドル終身保険:予定利率3%、固定金利
リタイアメントインカム:予定利率2.75%、固定金利
豪ドルリタイアメントインカム:予定利率2.75%、固定金利
業界で唯一、豪ドルの月払いできる保険を持っています。
外貨建て保険為替交換手数料
円→$0.01円 $→円0.5円
円→豪$0.03円  豪$→円0.5円

特定疾病になったら保険料の払込免除。

一時払い年金:通貨をドル、豪ドル、円0.05%から選べます。

これらの利率は半年に一度見直しで、契約したときの利率で固定運用。

市場価格調整あり。

保険金即日支払サービス:

営業マンの男:女=4:6

吸収合併の流れによって、様々なタイプの営業マンがいます。

バリバリの男性営業マン、おじさん営業マン、キレキレの若い女性営業マン、生保レディ系のママさん営業マンなどです。

ジブラルタ生命の保険営業評判をご紹介します。

売れている素晴らしい方もいる
資産形成系の保険は強い
リタイアメントインカムは良い商品
MDRTが多い
ソニー、プルデンシャル、メットライフに比べると柔らかい雰囲気の人が多い
学資保険は普通
ノルマがきつい
利率が下がっている
コンプライアンスが面倒
医療保険やがん保険がイマイチ
無駄な管理体制
本社の人間が無能
友達が減る
売り続けなければならない
1年もたない人がほとんど
人から嫌われる
行先がなくなる
研修は保険商品やセールストークばかりで、集客やマーケティングは何も教えてくれない
コンプライアンスでやってはいけないことが多すぎる
会社の研修の言うとおりにやったら売れない
保険を売る力がない人が研修の講師
保険料は普通
代理店に行く人も多い
乗合代理店と比較したら負ける
とにかく離職率が高い
会社の研修講師のレベルが低い
となっています。