かんぽ生命の保険営業の実態

平均年収:350万円
かんぽ生命は郵便局で販売されている保険です。
「かんぽ」とは「簡易保険」の略で、死亡保険金1000万円までの保険です。
かんぽの「学資保険」に加入する人は今でもかなり多いです。
ですが、かんぽの学資保険は18才の満期金よりも払込保険料が多くなるため、損をしてしまいます。
契約の段階で損をすることが確定しているため、わざわざ契約する必要がない保険です。
かんぽの営業マンは、18才満期金よりも払込保険料が多くなり損をする元本割れ部分を「これは保障の分のお金です」「医療保険がついているのでその保険料です」と説明していますが、
他の保険会社の学資保険は元本割れしないものもあるので、かんぽの学資保険を選ぶ必要はありません。
「郵便局」という信用だけで売れているようなものです。
地方はかんぽがかなり強く、昔のかんぽは利率が良かったためその印象で加入する人が多いようですが、現代は利率が低いため元本割れします。
年配の方は「学資保険は郵便局が一番」という印象を持っていますが、実情はそうではありません。
またそもそも、保険金が1000万円しかない「簡易保険」に加入する意味がありません。
子供が産まれた親の必要保障額は2000~3000万円は必要と言われています。
保険金1000万円では足りません。
わざわざ簡易保険に加入する必要はありません。
かんぽは医療保険の内容も良くないため、かんぽで魅力的な商品はありません。

かんぽ生命の保険営業評判をご紹介します。

地方では絶大な信頼がある
売れている人もいる
学資保険が元本割れする
医療保険が使えない
利率が悪い
他の保険会社に負ける
かんぽだけでは保障が足りない
売り方がわからない
外資系生保や代理店に保険をひっくり返される
他社と商品比較をしたら確実に負ける
会社は売り方を教えてくれないので全く売れない
コンサルティングセールスではないため、お客さんがいらない保険を売りつける
研修のレベルが低い
保険の専門家とは言えない
商品力が弱い
郵政省時代のベテランはやる気がない
保険の販売手当が微妙
テレビCMのイメージとは全く違う会社
商品力、提案力、どれをとっても他社に負けている
となっています。