プルデンシャル生命の保険営業の実態

平均年収:500万円

MDRT会員が最も多いです。

保険会社の体力を表すソルベンシーマージン比率は777%

格付けAA-(S&P社)

日本法人総資産額3兆5296億円

米本国総資産額1兆1070億ドル

解約失効率7.3%

営業マン3298人

商品
ドル終身保険:予定利率3%、固定金利
リタイアメントインカム:予定利率2.75%、固定金利
為替交換手数料は保険料に込み。
障害状態になったら保険料の払込免除。

一時払い年金:
一括払い型の定期預金のような商品
通貨はドル、豪ドル、円から選べる。
これらの利率は半年に一度見直しで、契約したときの利率で固定で運用。
市場価格調整あり。

プルデンシャル生命に入社するには、大学卒業でないと入社できません。
高卒、専門学校卒は入社できません。
また、保険業経験者も入社できません。

プルデンシャル生命の保険営業評判をご紹介します。

売れている素晴らしい方もいる
資産形成系の保険は強い
MDRTが多い
生命保険信託は業界No.1のクオリティ
「できる風」の営業マンが多い
洗脳教育
全員同じ提案で面白くない
考えが凝り固まり、柔軟性に欠ける営業マンが多い
融通が効かない営業マンが多い
人の話を聞かない人が多い
自分よりすごい人を前にしても勝とうとしてしまい嫌われる
無駄にエリート思考だけ強い
経営者に嫌われるやり方
プルデンシャルスタイルは好き嫌いがはっきり分かれる
自己啓発系が好き
勘違い営業マンが多い
プルデンシャルスタイルは女性に引かれる
エリート思考が強すぎて、業界からも笑われている
時代に取り残されている
全員同じ思考になり、軍隊のような組織
代理店に行く人も多い
乗合代理店と比較したら負ける
商品は普通
ノルマがきつい
利率が下がっている
コンプライアンスが面倒
とにかく離職率が高い
保険を売る力がない人が研修の講師
保険料は普通
本社の人間が無能
友達が減る
会社の研修の言うとおりにやったら売れない
売り続けなければならない
1年もたない人がほとんど
研修はセールスばかり教え、事業を教えてくれない
人から嫌われる
会社の研修講師のレベルが低い
行先がなくなる
研修は保険商品やセールストークばかりで、集客やマーケティングは何も教えてくれない
医療保険やがん保険が弱い
無駄な管理体制
コンプライアンスでやってはいけないことが多すぎる
となっています。